アドベンチャー教育とは?

そもそも、この「アドベンチャー教育フェス」という名前に、ピンと来る人が少ない・・・という事実。。。

ということで、少し文献やら資料を漁ってみます。みなさんの興味関心につながればと思います!

 

プロジェクトアドベンチャー(PA)の歴史を振り返ってみると、1941年にイギリスでKurt Hahnが創設したアウトワードバウンド(OB)が起源。

船に乗って、外洋へ遠征をして帰って来ると、「内なる強さ」を身につけて帰って来る。
逃げ場のないかなり過酷な体験・・・だったと想像します。

日本アウトワードバウンド協会より:https://obs-japan.org/outwardbound/

“It is the sin of the soul to force young people into opinions – indoctrination is of the devil – but it is culpable neglect not to impel young people into experiences. “

「大人が子どもたちに考え方を強いるのは間違っている。しかし、経験を強いるのは義務である」

いいぞー!(^.^)/

そんなOBの哲学や教育理念を、1971年にアメリカで学校教育に活かすべく始まったのがPA。
プロジェクトアドベンチャージャパンより:http://www.pajapan.com/aboutpaj/aboutpa/

体験教育の哲学(根っこ)があって、野外教育(幹)があって、アドベンチャー教育(枝)がある。

さて、そのあたりもう少し・・・。

 

Simon PriestとMichael Gassによると、Experiential Education(体験教育)の定義は、

「振り返りをともなって、体験を通して学ぶこと」

とゆるやかに捉えられている。ふむ。”Learning by doing” ね。

 

さらに、Outdoor Education(野外教育)は、

体験教育の哲学に基づいていて、自然環境の中で行われ、
①人との関係、②自己の内面との関係、③生態系との関係、④人間居住と自然との関係

があると、されている。ふむふむ。

 

さらにさらに、その中でもアドベンチャー教育は、

①人との関係、②自己の内面、に焦点をあてた学び

と捉えられている。

必ずしも野外での体験とは限らず、「アドベンチャーのような体験」を通して、個人やグループが向き合わざるを得ない課題に出会い、達成へと取り組む・・・。

どんな「課題」(アクティビティと言い換えてもいいかも)かというと・・・

①グループでの意思決定、判断、協力、コミュニケーション、信頼関係、などが必要とされる
②一人一人のチャレンジ(精神的、社会的、身体的に自分の能力を試すようなもの)

だから、教室の中でもできる!
フラフープ一つあれば、課題解決的な活動ができる!

 

プロジェクトアドベンチャーは、アドベンチャーを「何がされたか」ではなく、「どうやるか」であると定義づけている。wikipedeia “Project Adventure”

 

もっと言えば、PAの哲学や理論である

①Full Value Contract (お互いを尊重し合う約束事・・・と簡単に訳してみる☆)

②Challenge by Choice(自己選択、自己決定・・・と、解釈してみる☆)

③体験学習のサイクル(体験→振り返り→一般化→応用のスパイラルアーップ!)

なんてことが守られて、④個人の目標設定なんかも加わって、いれば、どんな活動をしていても「あー、PA的だねー」みたいな話になるんだと思う。

学校で、「アドベンチャー教育的な教室の掃除」もあり得るわけで。

 

と、色々と書いてきましたが、個人的にはPAJの創設者である林壽夫氏の

「本能を揺すぶって、器を広げる」

という表現が好きです。
https://www.wantedly.com/companies/pajapan/post_articles/106350

 

さて、アドベンチャー教育フェスに参加をして、「器」広げません?

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close